rice is nice.

日々の生活の色々

ようやく雪道の歩き方を身につけてきた

ような気がする、雪の降らない地方出身のぶんたんです。

 

去年北海道に越してきて、雪のつもりたてはそれはまぁよく転んでいました。

道産子に雪道を歩くコツを聞いても「コツなどない」と皆言います。

しかし彼らは私ほど転びません。

きっと雪道ネイティブ(?)としては、雪道の歩き方も雪のない道の歩き方と同じように自然と身についているもので、

意識せずともできてしまうのでコツをコツと認識してないんでしょうね…

 

ワンシーズン過ごしてみて、最初よりは転ばなくなったかな?と感じたので自分の見つけた雪道を歩くコツについてまとめてみます!

これから北海道に旅行に来る方など、よろしければ参考にしてみてください!

 

(調子に乗るとこのようなことになりますが)

 

  • 冬靴を買う

こいつがないと話になりません。それくらいすごい威力です。

靴底に滑り止めがついています。

旅行が一泊二日でも買ってください。安いやつでいいです。

多分雪道初心者が道のコンディションが悪い時にノーマル靴で歩くと数歩歩くたびにつるっつるして観光どころでは無くなります。

イズミヤとか駅地下の小さな靴屋とかにもあります。ABCマートも。Oriental Trafficとかは意外と少なかったような…

店員さんにこれ冬靴ですか?と聞けば間違いありません!

 

  • 滑ると思って歩く

滑らないように、ではなく滑ると覚悟して歩きます。

これにより滑っても体勢を立て直し、転ぶことを回避できる確率が上がります。

 

  • 気持ち歩幅を小さめに

大きく踏み出して滑ってしまうと体勢の立て直しが難しいです。

 

  • どちらかというと重心は前気味に

重心が後ろだと転んだ際に後頭部をぶつける可能性があるので、

転んでも手をついて被害を縮小できるよう、重心は前です。

寒いけどポケットからは手を出して、手袋装備で挑みましょう。

 

  • 道の端を歩く

一番滑るのは氷の状態になっているところです。

天気の良い日などに、それまで積もっていた雪が溶けて氷に変わってしまうととても歩きづらくなります。

なので雪がガンガン降っている日は意外と滑りません。

氷に変わりやすいところ=人に踏み固められている場所=道の真ん中

氷に変わりづらいところ=人が通りづらいところ=道の端

ということです。

まだ人に踏まれていなさそうな雪の状態のところを歩きましょう。

 

こんなものですかね?とにかく滑らない、よりも滑っても体勢を立て直せるように歩くことが大事な気がします。

滑りやすくなった道の歩き方を書きましたが、雪が降りたてで滑りにくい道は、

歩きやすいだけでなくて片栗粉か粉砂糖を踏んでいるみたいでめっちゃ気持ちいいですよ〜。

いい雪道ライフを!