rice is nice.

日々の生活の色々

初めての国際学会を終えて

感想を冷めぬうちに書きたいと思います、ぶんたんです。

 

まず発表の出来は、可もなく不可もなくという感じだったかと思います。

結局英語の原稿をチラ見しながらになってしまったのは完全に反省点ですし、

発音等ももっと頑張らなければならないです。

ただ、スライドの出来は割と良かったのではないかと思っていて、

英語の拙さを図やアニメーションで補完できたのか、

拙い英語×その学会の中では少し浮いた分野の発表内容だった割にはきちんと内容が伝わっていた気がします。

あと英語は無茶苦茶だったけど、答えられなかった質問はなかったのも良かった点だと思います。

 

ただ、可もなく不可もなくなので満足できる内容では到底なかったです。

必ず次はもっといい発表をできるようになりたいと思いました。

 

先生方のプレゼンや、学生なのに流暢なプレゼンとか見ているとめっちゃ刺激になりました。

特にプレゼンの上手い先生は、自分の分野と違う研究でもとても理解しやすかったのがびっくりしました。

プレゼンだけでこんなに変わるものかと…

あぁ、次は絶対プレゼン上手い学生に仲間入りしたい!!

いい目標ができました。

 

自分の専門外の発表を聞いて理解することの難しさも実感しましたが、

そういう専門外の知識が増えたら、その知識と自分の専門の知識を組み合わせて

新しい発想ができるようになったりもするんだろうな、とか

実際今回の学会中に今聞いたこれをあれと組み合わせたら面白そうと感じたりもしたので、

広く知識を吸収できるようにならなければ、そのためにまず積極的に専門外にも意識を向けていかなければと思いました。

 

来月は国内ですがまた学会があるので、まずそこで今よりいい発表ができるようにがんばりたいと思います!

…そのための資料作りをまずがんばります。