rice is nice.

日々の生活の色々

効率よく仕事をするために

何が必要だとか、こうすればいいだとか色々言いますよね、ぶんたんです。

自分はまだ働いていないので、ここでいう自分にとっての仕事は研究活動だと思っています。

 

自分の敬愛する、以前の研究室のボスは

「小保方さんが何かのインタビューで『私はデートの時でも研究のことを忘れることはない』と話していたのにとても違和感を感じた。研究者ならみんなそんなことは当たり前で、わざわざ口にすることでもない。」

とおっしゃっていました。

そして実際に常に研究のことを考え続けている方で、よく休日返上で仕事をされていました。

本当に研究が好きで、研究第一に生きているがために実力もものすごくて、成果をバンバン出しているすごい方でした。

 

その一方で、仕事をしっかりやるためにはプライベート、趣味などの充実が大切だという話も聞きます。

これもまた自分が尊敬している、今の研究室のボスはFacebookによく休日に子供達と出かけた写真を載せています。趣味の話もよく聞きます。

その代わり平日は分刻みのスケジュールで仕事をこなされていて、そんな中で研究成果もガンガン出されています。

 

 

常に仕事のことを頭の片隅に置いておくか、仕事とプライベートの切り替え・息抜きを大切にするか。

まずどちらの方法が正解とかではなくて、人それぞれ合った方法が一番だというのが、先に挙げた方々を見ていて気づいたことです。

では、自分に合っているのはどちらなんだろう。

 

自分は特に才能などはないと自覚しているからこそ、人がやっていない時間も研究に使って少しずつ追いついていかないといけないんじゃないか。

実際家に帰ってきてからも研究のことを考え続けていて、お風呂に入っている時に思いついたひらめきで問題が解決したこともあります。

 

やはりよく言われるように息抜きやプライベートの充実を図った方がいいんじゃないのか。

息抜きした後はなんか思考がすっきりしていて、はかどることが多いような気がします。どうも行き詰まった時には生協まで歩いてみたりして、それだけでもその後なんかあっさり問題が解決できることもあります。

 

 

そう考えていくと、自分にとってはどちらも正解なのかなぁと思うようになりました。

なんだかこれまで、一人一つ最適な方法を持っていて、それを見つけなければいけないという考えに縛られていました。

しかし、自分も置かれた状況や体調によって取るべき最適は常に変わるんじゃないかなというのが今の考えです。

その時の状況を見て、もう少し押せば大きな成果になりそうだからちょっと無理してでも頑張る、だとか

最近悩んでも悩んでも前に進んでいないからこの辺でリフレッシュしよう、だとか

そういった柔軟性のある選択をできるようになりたいと思った次第です。

 

この土日は(もうすぐ土曜が終わりそうですが)リフレッシュDAYにします。久々に岩盤浴にでも行きたいなぁ。