rice is nice.

日々の生活の色々

もったいないおばけはいつも心の中に

自分を動かしている気持ちの中で割と大きいのがこの「もったいない」な気がします。少しお久しぶりになってしまいました、ぶんたんです。

 

 

 なんか綺麗な包装紙とか紙袋もったいないから取っておこう。

人にもらったストラップ、なんかもったいないから使わずにしまっておこう。

期間限定のもの食べないうちに終わってしまったらもったいないから食べておこう。

 

大学でしか教員免許取れないなら、取っておかないともったいないから取っとこう。

自分の好みではないけど、女子大生ぽいファッションとかって今のうちしか着づらいのかも、なら今着ておかないともったいないから挑戦しておこう。

 

 

こうやって並べてみると、よくない「もったいない」もあるけど、いい「もったいない」も結構あるような気がします。

前半は割と部屋がごちゃっとする原因になってたりしたんですが、

使わない紙袋を置いておくスペースがもったいない

せっかく持っているものを使わないのがもったいない

と思考の方向を変えたらなんかあまり抵抗感なく問題解決できた気がします。

 

後半は、まぁ少なくともマイナスにはならないんじゃないかなぁと。

優等生思考というかビビリなので、一般によくないとされることは機会があっても「もったいないからやってみよう」にはならないので…

 

自分に必要なこと、自分の好きなことがこれ!ってはっきりしている人にとってはこういう動き方は「時間や労力がもったいない」なのかもしれません。

でも自分のような優柔不断人間にとっては「とりあえずできるのにやらないのはもったいないからやっておこう」というのは結構大事です。

自分がこれをやりたい!これは絶対やらなければ!と確実に感じることしかしないともし決めたなら、きっとまず家から出ません。

とりあえずやらないのはもったいないかもしれないから、で動くのは自分の性格にあってるのかなぁと最近思います。