rice is nice.

日々の生活の色々

PPPoE接続ってなんやねん。

引っ越してきて一ヶ月。

インターネットも使い始めて一ヶ月。

ということで、インターネットについていた初月無料のオプションを外しました。

ルータとか前から使ってたやつあるし、とオプションで押し付けられていた光BBユニットを返送し、自分のルータを接続、さあインターネット!

 

…繋がらない

 

あれ、なんか設定とかいる?いやでも前の家でも他人の家でもモデムに挿すだけでインターネットできたよ?

えー、持ってくるときの振動で壊れた?5年以上使ってるし寿命?

でも納得いかん…んんん…

いろいろ調べてたら、「フレッツ光フレッツADSLはPPPoE接続のため設定が必要」とのこと。

なるほどこれか!!なかなか設定を反映してくれず四苦八苦しましたが、なんとか無事接続できて数日ぶりの我が家でのwi-fi接続です。

なんだかとても面倒になって放置しちゃってたんですが、無事解決して無駄な出費を防ぐことができて良かったです。

 

それにしてもPPPoEって何…?

wikipediaによると、リンク層で用いられるプロトコルの一種(インターネット上で通信するときの決めごとの一種)みたいです。

うーん、わかったような、わからんような。なんでPPPoEの時だけ面倒な設定がいるんだ?みんな楽な接続方法に統一したらいいのに。

たどり着いたこのページが大変わかりやすかったです。

【ご参考】いまさら聞けないインターネット・ネットワーク概論 2/5

端的にまとめると

・インターネット接続のみに関して言えば、大きく分けてPPPoEとDHCPがある。

・PPPoE=フレッツ(NTT) DHCP=その他

・PPPoE:NTT回線を用いる DHCP:契約した会員専用の回線を用いる

・PPPoE:ユーザ情報を設定する必要あり。 DHCP:物理的に接続するのみでOK

つまり、

NTT回線はインターネット会員以外でも接続しようとすることができるため、インターネット会員であることを確認してから接続→ユーザ情報がないと接続できないPPPoE

DHCPは回線に接続しようとしている=確実に会員であるとわかる→認証のいらないDHCP

ということですかね。

 

すっきりしたので今日はぐっすり眠れそうです。

あっ、もしも上記に何か誤りがあれば教えてください。