rice is nice.

日々の生活の色々

極北タラレバ娘

今週のお題「私のタラレバ」

ということで、珍しく今週のお題というやつで記事を書いてみます。

タイトルはまぁ、都道府県でいうと日本の極北に住んでいるので、という安直な理由で深い意味はないです。

 

たられば、なんだろう…

考えてみると、「社会人になったら…」「もしこの実装がうまくいったら…」「この頃までに就活が終われば…」

と、未来の楽しいことを妄想するのによく使います。

たらればって普通、あの時こうだったら…この時こうしてれば…と後悔によく使う気がしていたんですけど、

意外と前向きな発想だった自分に驚きです。

 

行動するときにはいつも

「もしこうなってしまったらどうしよう…」とか「もっといい方法が他にもあるのに気づいていなかったらどうしよう…」とか(これもある意味たらればかもしれない)、

今それを選択することで後々後悔しないかをものすごく気にして行動しているのですが、

案外その後実際に後悔してしまっていることはないんだなぁと気づきました。

まぁそれだけ悩んでから行動しているが故に後悔するような結果になる率が低いのかもしれませんが、

そのときそのときの状況を「これはこれでいいよね」と前向きに楽しめるようになったのかもしれません。

 

「これは(本当は嫌、良くないと思うけど)これでいいか」という妥協のようなものに変わっていかないようにだけ気をつけて、

そのときそのときを前向きに楽しんで常に向上していける人でありたいなー、と思いました。

うーん、なんかいつの間にか無駄に自己啓発のような記事になってしまいました。

それでは。

ネイルは気分だけでなくて作業効率を上げてくれる

そんな気が最近しています、ぶんたんです。

 

去年の春までネイルはしたことがなかったんですが、

同期の就職組の人たちが「就職するからネイルオフした〜」とSNSに書き込んでいて、

進学の自分も来年就活になってしまうし、やってみるなら今のうちかな?

というきっかけで始めてみました。

 

研究ではもっぱらPCをカタカタしているので、結構指先が目に入ります。

その指先が綺麗だと気分が上がるし、作業効率まで少し上がっているような気がします。

気のせいかもしれませんが、まぁ部屋が綺麗だとシャキシャキ動けて作業効率が上がる、といったものと似たような効果だと思います。

初めてなのでうまく塗れるか不安だったのと、派手なのよりは地味でさりげないのが好きなので

透き通ったピンクを塗っていますが、これがとってもいい感じです。

具体的にはインテグレートグレイシィの92番です。

ネットで血豆ネイルとか恋コスメとか呼ばれて結構人気のやつみたいです。

見た目は血豆という呼び名も納得な濃い色なんですけど、塗ると透けたピンクになっていい感じ。

f:id:rice_life_nice:20170130234838j:plain

ネイル女子がよく撮ってる風に撮ってみましたが色の感じ伝わるでしょうか…

ベースコート→メイン(上の写真のやつ)→トップコートの順に重ねて塗ってくだけなんですけど、

それだけで結構綺麗に見えるので気に入っています。

 

ネックは塗るのと乾かすのに時間がかかるので余裕のある時しかできないことでしたが、

慣れたら塗る時間はだんだん短縮されてきました。

ただ、一週間から二週間でハゲちゃうんですよね、もっとうまく塗れば長持ちするんでしょうか。

 

街中で見かけるおしゃれな女の子が不透明な濃い色を塗っているのを見かけて、

あれも可愛くていいな〜と感じたので、今度はパキっとした濃い色にもチャレンジしてみたいです。

限定という言葉に弱い

期間限定やご当地限定、初回限定版。

いろんな限定に単純に心惹かれてしまうぶんたんです。

 

今回そんな「限定」の魅力に負けて買ってしまったのがこちら

f:id:rice_life_nice:20170118145938j:plain

 新千歳空港限定 ホワイトチョコレート&エスプレッソです。

スターバックスコーヒー 新千歳空港店 | 新千歳空港ターミナルビル

「エスプレッソ」と名前に入ってはいるものの、エスプレッソショットは入っておらずかなり甘いです。

ただこの上に降りかかっているパウダーがエスプレッソなのかな?

少しだけほろ苦くていい香りがします。

このパウダーのおかげで甘くてもくどくはならず最後まで美味しく飲めました。

めっちゃ好きな味です、これは空港に来るたびスタバに立ち寄ってしまいそう。

 

ついでに北海道限定デザインのスタバカードも買ってしまいました。

プリペイドカードで、実質カード代は無料だし…!

あまりにデザインが可愛かったから…!

しかしこのご当地「限定」デザインもまた収集癖が疼きますね。集めたくなってしまいます。

 

f:id:rice_life_nice:20170118145618j:plain

飲み始めてから気づきました、可愛い。

コメント書いてくれてると嬉しくて気分が上がるし、スタバにしてよかったなと思います。

こういう小さいハッピーというか、ほっこりする気持ちって結構大事ですよね。

自分も自然に小さい気遣いのできる、いい気持ちを他人に提供できるような人になりたいなと思いました。

似合うものも大事だけど、好きなものに似合う自分になりたい

最近そんなわがままな願望があります、ぶんたんです。

そんなに好みじゃない服でも、似合うものだと着ているうちにだんだん好きになったり、

逆に好みな服でも似合わないと「自分が着るとなんか『コレジャナイ感』すごいな…?」となって、

結局タンスの肥やしになってしまったりすることは多々あります。

なので基本的には似合うものを買いたい派なのですが、

最近は「自分にはこんなの似合わないよなぁ」でバンバン諦めていくのも勿体ないかなぁと思い始めました。

 

今は似合わなくても、まずその好きなものを持ってみて、

それに似合うような自分になる努力してみても良いんじゃない?

まず持ってみることで、その努力のモチベーションも上がるし。

 

ということで買ってしまったのが

f:id:rice_life_nice:20170116093130j:plain

はい。コレです。

エテュセの限定クレヨンリップです。激かわです。

猫派の自分にはたまりません。

しかも想像以上に塗り心地や発色が良くて、使い勝手が良さそうです。

可愛すぎて一瞬躊躇いましたが、買ったからにはこれが似合うように頑張るぞ〜とうきうきなので買って良かったです。

 

そういえば以前恋人から大人可愛い(自分では買えない高級な)鞄を頂いたときに、

「ふおおこれに似合う大人な女性にならねば…!!」

と強く思ったのですが、最近その努力できてるかなぁ…と

振り返るきっかけにもなりました。

ヤバい、頑張らねばねば。

 

普段買わないものを衝動買いしちゃったよ、という記事でした。

 

はてなトップの記事を読んで苦い思い出が蘇りました

というより、常々心の片隅にはあったことではあります。ぶんたんです。

topisyu.hatenablog.com

 

自分の母がまさにこれでした。

先に言っておきますが、全くもってクズと言いたいわけでも批判したいわけでもありません。

ただ、何かモヤモヤがずっと、この歳になってまでつきまとっているので、

忘れるとまではいかなくとも過去の過ぎ去ったこととして区切りをつけるため、

吐き出させてもらおうという所存です。

 

この記事のように、母は父の愚痴や悪口をしばしば子供に話していました。

加えて自分には「あんたは本当にお父さん似」「もしお母さんたちが離婚したら、お母さんは弟と出て行くからあんたはお父さんの方ね」と。

初めは「離婚とか嫌だ」とか「お母さんと一緒にいたい」とか言っていた気がしますが、

そのうちお母さんはお父さんが嫌いで、そのお父さんに似ている自分も嫌いなんだ、子供は弟だけでよかったんだ、

だから自分と父の二人から離れたくて離婚とか言ってるのだから、着いていくとか言われたくもないんだろうな、

と泣きつくことをしなくなりました。

最近、「女親は正直男の子の方が可愛いみたいなところがあるし、あんたは手がかからなかったけど弟は手がかかったから愛着が湧いた」

と母本人から聞かされて、小さい頃の考えはあながち間違いでなかったんだなと苦笑しました。

褒められたくて色々と頑張っていたことが仇となっていたことも悲しくてちょっと笑えました、

いっそグレていた方が可愛がられていたのかぁ。

 

例えば勉学の面では割と頑張っていましたが

「お勉強だけできたって仕方がない」とか「女の子は勉強より見た目の方が大事なのに、兄弟性別が逆ならよかったのにね」とか言われた記憶が強いです。

いや、褒められたこともあるんですけどね…

小学生の頃「小学校のテストは100点が当たり前だから」と80点のテストを咎められて、100点のテストも「そう」と流し見でゴミ箱行きだったのですが、

弟が70点で褒められていて子供心に「不公平では〜?」と思ったこととかの方がどうしても印象強いです。

まぁ人によって得意不得意があるので、褒められラインが違うのはわかるんですが…

ラインを揃える『平等』を求めていたわけでなくて、人に合わせたラインでそれぞれ褒める『平等』がちょっと欲しかったです。

 

これらのことが関係あるのかないのかわかりませんが、中高生の頃は

自分は何の価値もない人間なんだなぁ、それなのに生きてるの嫌だなぁ、

誰かの身代わりに死んだりできないかな、そうすれば自分でも人の役に立てて、

生きてきたことに価値が生まれるんじゃないかなとかずっと考えていましたね、

今考えるとこの頃は少し精神的に異常があったんじゃないかなと思うくらいの

ネガティブと被害妄想でした。

死ぬ勇気のないビビリでよかったなぁと今は思います。

 

まぁここまで暗い愚痴を垂れ流してしまったのですが、

大学に入って一人暮らしになって友達と遊ぶ時間が急激に増えたり

家族と少し距離ができたり、恋人ができたりして、かなりポジティブ人間になりました。

時間が経って、自分が少し大人になったのかもしれません。

今はもうちょっと前向きな方法で価値のある人間になりたいと思って頑張ったりしてます。

でも、そもそもそんな万人に向けて価値のある人間じゃなくたって、

まず人生を楽しむために生きることも大事なのかなと思ったりもします。

 

少し大人になって思うのは、親も人間だったんだよなということです。

人間だから完璧じゃないから、二人性格も見た目も全部違う、これまた子供という人間がいたとして、

やっぱ気に入るところとか気に入らないところとかはどうしても生まれてしまうし、

平等に愛するのは難しいのかなと思います。

全く恨みごととか文句言いたいとかではないです。

むしろここまで育ててきてくれて、進学もさせてくれて、親には本当にいつも感謝しています。

ただここまで書いてきて気づいたのは、やっぱ寂しかったんだよなということです。

まぁ、自分が愛されるような可愛げのある子供ではなかったというだけのことと言われれば、それまでなのですが。

 

自分は、もし複数人の子供を持つようになったら、内心は平等でなかったとしても、

子供には悟られない程度に平等に接してやりたいと思います。

それがもし難しい、できないことなんだとしたら、子供は持つとしても一人がいいな、

なんて思ったりする今日この頃です。

(…そもそも結婚できるのかっていう問題からですけど)

ベッドで寝付けないのに移動中に爆睡する現象

なんなんでしょうか。ぶんたんです。

 

春から住み始めた一人暮らしの我が家は超快適です。

しかし、ちょこちょこ眠れなくなります。

今朝もなかなか寝付けずにいるうちに朝に…

 

眠れない原因はよくわからないのですが、翌朝早朝から予定があるとき(今朝もそうだった)や、

夜遅くまで研究していてかつスッキリ解決していない問題が残っている時、

などが多い気がします。

寝坊できないという不安や、その他考え事を自然に始めてしまうのが要因なような…

 

その割に寝過ごすとやばいはずの移動中は爆睡してしまうので謎です。

今日も電車で飛行機でがっつり寝て睡眠時間取り戻した感じです。

(まぁ飛行機は乗り過ごす心配もないですね)

 

年内にやるべき研究は済ませてスッキリ年を越すつもりが、

新年度からの研究予定に重ための課題を課されてしまったので

また眠れぬ夜が続きそうです…あぁモヤっとする。

太り始める予兆がわかりました

体重記録をサボり始めた時、大抵体重は増加の一途にあります。

ぶんたんです。

 

毎日欠かさずに体重計には乗るんですよね。

ただし、ダイエットがうまくいってるときは細かく毎日記録しているのに

逆の場合だと記録を忘れてしまうことが多いんです。

そして久々につけた時にはバーンと増えていたりして…

 

嬉しい結果だと記録したくなるし、嫌な結果だと記録せずに忘れてしまいたいし…

というのが原因でしょうが、逆に記録しているときは太りづらい、とかもあるんでしょうか。

数字では毎日見ているにしろ、やはりグラフではっきりと毎日確認することで

無意識のうちにダイエットを考慮した行動パターンになるのかもしれません。

 

食べ過ぎに注意、スクワットなどをサボらないに加えて、

体重を毎日記録するというのもダイエットの一環としてきちんとやりたいと思います。

 

…本当にこの辺で食い止めないと。リバウンドしてしまう(もうしているかも)