rice is nice.

日々の生活の色々

物欲が芽生えた

小さい頃から物欲がほとんどなく、ご褒美や誕生日で好きなもの買ってあげるよと言ってもらった時も「今欲しいものないからまた今度…」などということがよくありました、ぶんたんです。

しかし最近物欲が芽生えて来ました。

なんと具体的に欲しいものが3つもあります。こんなことは未だかつてなかったかもしれません。


その3つとは

木のまな板、急須、lightroom

です。


まず最も優先順位が高い木のまな板について。

現状300均で購入したガラス製のまな板を使っています。

その前に使っていたプラスチック製のものは、使っているうちについた傷に落ちない汚れがついてしまいお役御免となりました。

そのためガラス製のまな板は傷や汚れがつかなくて衛生的なのでは?と惹かれて使い始めたのですが…

なんというか、切り心地が悪い…切るたびにガンガン音がするんです。

しかも1,2回使っただけで明らかに分かるレベルで包丁の切れ味が悪くなりました。

調べるとガラス製のまな板は包丁にとっても良くないみたいです…残念…

そこで次のまな板候補を探していたんですが、どうやら木のまな板が良いという話を聞き、ぜひ欲しくなってしまいました。


次に急須。最近緑茶と紅茶の茶葉を頂いたんですがうちにはまず急須がなく…

前々から紅茶には興味があったんですが手を出さずにいたので、この機会にオシャレな急須が欲しいなぁと。

どうせなら紅茶も緑茶も淹れられるようなオシャレなデザインのものを…


最後にlightroom。これはデジタル1眼などで撮ったRAWデータの写真をJPGデータに現像するソフトウェアです。

スイス留学中にRAWデータで撮るということを学びました(それまでJPGで撮ってました…)。

スイスで撮って来た写真をカメラ推奨のフリーソフトAdobeの有償ソフトであるlightroom(のお試し版)で現像してみたんですが、lightroomが圧倒的に使いやすい。そしてキレイ。

めっちゃ欲しくなってしまいました。

しかし買い上げではなく月額(実質年額)課金制なので、買ったはいいがこの先忙しくてなかなか使えなかったら…?と考えると迷ってしまいます。


あー悩ましい…とこの記事を書きながらふと、lightroomはともかくまな板は必需品だし、急須もそこまでお高くなければ悩んでる間に買ってしまえばいいのでは?となり


SHIMANTO R型 カッティングボード M 159-00036

SHIMANTO R型 カッティングボード M 159-00036

こちらと

ハリオ 茶茶急須 丸 CHJMN-45T 450ml ホーム&キッチン コーヒー・ティー用品 ティー用品 [並行輸入品]

ハリオ 茶茶急須 丸 CHJMN-45T 450ml ホーム&キッチン コーヒー・ティー用品 ティー用品 [並行輸入品]

こちら、ポチってしまいました。
急須の予算3000円前後で考えていたんですが1140円!意外と安いんですね。
しかも明日から木曜の間に到着予定のようで嬉しい。
逆にまな板の方はすぐにでも欲しかったんですが来月届くよう。
それまでガラスまな板で頑張ります…

なんだかあっさり物欲を解消してしまいました。
また届いたら記事を書きたいと思います。

アイコンを変えたいなぁと悩んだ結果

ここ最近ブログのアイコンをもう少しオリジナリティのあるアイコンに変えたいなぁと考えていましたぶんたんです。

 

はてなの中でオリジナリティがあって可愛い、綺麗なアイコンを使っている方の数人がココナラというサイトを紹介されていて、最初はそれを利用してみようかと考えていました。

coconala.com

技術のメルカリ、みたいな感じですかね?例えばイラストが得意な人が「アイコンイラスト500円で書きます!」みたいなのを出品し、購入者とやり取りをして商品(この場合はアイコンイラスト)を納品してくれるシステムです。

ざっとサイトを見てまず思ったのは…

安ぅ…!!安すぎませんか…?!

クオリティの高いイラスト、しかもこちらのリクエストに合わせて(入れて欲しいイメージとか髪型とか)描いてくれてラフの段階なら2回までリテイクOK、それで500円からとか…えっ、本当すごい…

みなさん技術の安売りしすぎでは?と思ってしまいました…

本来はもっとお金とっていいレベルなんですけど、イラストレーターは狭き門でそうなるには少しまだ足りない修行中の出品者、

イラストレーターに発注するのは難しいし、そこまでのクオリティを求めてはいない一般のブロガーやSNSを楽しむ購入者、

これらの需要と供給を満たすには良い新しい場だなぁと感心しました。

 

ただ安売りの度が過ぎて、その技術の価格の相場が下がってしまったり悪用されたり悪い方向に進まないかだけが心配です。

 

閑話休題、ここでアイコンイラストを注文してみようと思い、好みの絵柄の出品者さんを見つけ、リクエストを書き出していたのですが…

あれ、ここまでイメージがあるなら自分で描いてみるのも良いかも?となって、結局自分で描いてみることにしました。

ラフの段階でほっぽり出してしまわないようにここで宣言しておきます。

とりあえずラフは紙にしたので、埃をかぶってしまっているSurface君で仕上げをしようかな。

f:id:rice_life_nice:20171006174114j:plain

帰国していました

実は随分前に帰国していて、ちゃんと記事を書こう〜と思っていたら、自分の中でのハードルが上がってしまい更新そのものを滞らせてしまうという一番よくない状況に陥っていました、ぶんたんです。

 

きっちり書こうとするとどうしてもハードルが高くなってしまうので敢えてさっくりと留学の感想を綴ります。

とにかくスイスは素敵でした。街もそうですけど、出会えた人がいい人ばかりだったのでそう思えたのかなぁと感じています。ぜひまた行きたい。

第一の目的の研究活動はなかなかグッドな感じで進捗を出せて安心していますが、英語に関してはまだまだ、というか自分自身はあまり成長を感じられていないのが悔しいです。ただ英語に毎日触れる重要性とか、意外と下手な英語でも会話はできるから上達したいならまずは恥ずかしがらずにガンガン喋るべき(喋らないと上達しない)とか、色々と学べたので今後も勉強を続けて行きたいです。

 

留学中スクワットチャレンジとプランクチャレンジを再び始めてきっちりやり終え、食事も日本にいる時よりも控えめに取っていたのでこれは痩せているはず…と期待していたんですが、帰って体重計に乗ってみると大して減っていなくて悲しかったです。

しかもその後国内を旅行してしっかり太ってしまっています…そろそろ気合い入れてダイエットやり直さないといけないです、去年せっかく痩せたのにほぼリバウンドしてしまった…

 

油断するとサボりがちになってしまうブログですが、とりあえず少ない分量でももう少し頻繁に更新するのを目標に頑張っていこうかなと思います!

短期留学の持ち物

ホテルのwi-fiが繋がったり繋がらなかったりで辛いぶんたんです。やることなさ過ぎて早寝がはかどりました…

 

留学準備 - 一人暮らし大学生 蘭のブログ


最近こちらの記事にコメントさせてもらって、自分が留学に持ってきた持ち物をまとめようかなと思いつきました。私はヨーロッパに一ヶ月の短期留学なので、行き先や期間によっても変わるでしょうが誰かの参考になれば。あと自分の備忘録を兼ねて。


・パスポート

・eチケット(飛行機)

・パソコン

iPhone

 機内モードにしておいてWi-Fi環境のみで使用

・コンセントの変換プラグ

・常用している薬類

 これらは必須ですね

 

・筆記用具

・ノート

 これらは研究のための必須アイテムでした

デジタルカメラ

 景色のいいところが多いお陰で大活躍です

・日本円

 使わなかったらそれでよしで10万円程度持ってきました。街中のデパートや大きめのスーパーで簡単に両替できます。

・現地通貨

 3万円分くらい両替して来た気がします(記憶が曖昧)

・クレジットカード

 スイスではVISA, Master Cardはどこでも使える印象です。VISAを2枚持ってきましたが、時々片方がエラーを吐いて使えないので(別のところでは使えたりするので上限に引っかかってるわけではなさそう)2枚あってよかったなぁという感じです。

・服 2週間分くらい目安に持って来ました

 スカート2着入れたけど、元来ズボン派の自分は結局1着しか着てないからちょっと余分だったかも。逆にTシャツはパジャマがわりにもう少し持って来ればよかったなと思います。(自分へのお土産用に買った大学のオリジナルTシャツがすでにパジャマがわりに活躍しています)

・靴 スニーカー、ぺたんこのパンプス、ヒール

 ヒールは学会の夜のパーティ用、ハイキング結構したのでスニーカー入れといてよかった

・スポーツタオル、タオルハンカチ2枚ずつ

 タオルもうちょい入れとけばよかったかな感

・短パンジャージ

 パジャマとして活躍中

・歯磨きセット

・ハサミ

 何かと重宝しています!一ヶ月いると前髪も伸びてくるし

・爪切り

 爪も伸びます。かさばらないしどうせ使うので入れておくといいと思います。

・日焼け止め

 着いた時真夏だったので活躍しました

・300均のスリッパ

 ホテルにあるだろうけど念のため、と思ったらなくて大活躍しています。 室内でも土足が基本の土地なこともあり、スリッパはあまり需要がないのかスーパーでも見かけないため持って行くが吉

・箱ティッシュ

 ホテルにあるだろうけど念のため、と思ったらなくて大活躍しているものその2。

・シャンプー・リンス

 重かったしこっちきて見たら日本にあるようなやつも売ってるので荷物に余裕があればでいいと思います

・化粧品

・洗濯用洗剤

・ハンガー

・パックご飯、レトルトカレー3食分

 荷物に余裕があったので入れました。意外と日本食がどうしても食べたい!という感じにはなりませんでしたがこれを週一で食べていたからかもしれません

・布トート

suzuri.jp

こういうやつです。日本と同じでスーパーのレジ袋が多分有料なのであると便利です。お土産物買って荷物が増えた時とか安心です。

・レジ袋

これはもっと持って来ればよかったと思っているものです。ナイロンの袋を有料でも手に入れる機会があんまりないです。 シャワールームで洗った服を自分の部屋に持って行く時とか、濡れたものを入れるのにナイロン袋が欲しかったりします。 あとはお土産にワインを持って帰りたいんですが、もし瓶が割れたらという場合を考えると、タオルで巻いた上からナイロン袋でしっかりとガードしたいところ…かさばらないしいっぱい入れておくとよかったなと思います

ウォークマン

 行きの飛行機で彼氏の好きな曲聴いてたらめっちゃ寂しくなってしまったのでそれ以来使っていない

・ガイドブック

 週末の観光の場所を決めるのに、日本語でWebを探してもいい情報を見つけるのが意外と難しかったりするのでなかなか活躍しています

・モバイルバッテリー

 意外と外で携帯を使えないので活躍の機会がなかったです

・リュックサック、トートバック

 場合によって使い分けてます、両方持って来て正解だった感じ

 

こんなもんかな…?また抜けていたものがあれば追加します。

 

出発前まで忘れ物がないか不安で不安で何度も確認しましたが、結局忘れ物や困ることもなかった気がします。とりあえず迷ったらかさばらないものは入れておくと後悔しない気がします。

それではスイス滞在最後の日曜日(次の日曜に出国です)を楽しんで来ます!

スイス留学折り返し地点に来ました

時差ボケのおかげで健康的になった生活リズムをなんとか保っています、ぶんたんです。

日本にいるときは布団に入っても深夜4時とかまで寝付けず、カラスの鳴き声がし始め空が白んでくるのを見て、早く寝なきゃという焦燥感にかられながらゴロゴロ過ごし、
寝落ちると逆に7時間は目を覚ませないので起きるのは結局昼前…昼頃に大学に着くのでその遅れを取り戻すべく22時とかまで研究室に滞在、帰ってきたときは眠気があるのに、シャワー浴びてる間に目が冴えまた眠れない…
というなんとも不健康な生活をしていました。
こんな生活を続けていたら来年から社会人として働けないのでは…?などとしばしば不安に感じていました。

しかしスイスの時差は日本と比較して-7時間。日本が深夜4時の時、スイスは前日の21時です。
初日は時間が巻き戻る方向に飛んでいるので大変長い一日を(ほぼ飛行機内で)過ごし、22時ごろ就寝。
そこから、時差ボケが残るという初めの3日間は22時に就寝、5時ごろ起床という超健康的生活をしていました。
このときは見かけ上超健康的ですが、日本時間にすると早朝5時就寝、12時起床と無理に寝ようとしなかった場合の不健康な生活リズムにぴったりはまるのが面白いです。
その後時差ボケの解消につれだんだん起床時間が遅れてきましたが、なんとか6時半起床23時半就寝で踏みとどまっています。
なんかこの機会を逃すともう矯正できない気がして、ここぞとばかりに頑張っています。

時差ボケによって健康的な方向に自然と起床・就寝時間がずれたのは最も大きな要因ですが、スイスの環境もそれを後押ししてくれている気がします。
スイスには日本のようなコンビニエンスストアがありません。スーパーはありますが、大抵19時閉店で日曜日はやっていません。街中に自動販売機も少ないので、夜までに晩御飯と水を調達しておかないと少し困ります。(水道水は一応飲めますが)
それもあってか、先生は18時ごろになると「スーパー閉まっちゃうよ」と帰宅を促してくれます。
そのため研究室に遅くまで残れないので、研究時間を確保するためには早く行かなきゃとなります。
日本に戻るときはまた時差ボケの影響を受けるわけですが、なんとかして乗り切ってこれを標準の生活リズムにしたいなぁと思います!

あと、フランス語もカタコト日常会話はできるようになりたいと言っていましたが、断念しました。発音が難しすぎてまず聞き取ることもできない。
とりあえずボンジョールとメルシーで乗り切っているので、もう少し挨拶のバリエーションを広げる程度に目標を下方修正です。
その代わり英語をもっと頑張りたいです。先生はゆっくりわかりやすい単語で話してくれるのでなんとか会話できていますが、やっぱり学生の雑談を聞き取るのはまだ難しい。
一ヶ月の滞在の、気づけばもう折り返し地点。早いなぁとビビりますが、できるだけ有意義に残りの時間を過ごせるよう頑張ります!

スイス留学がスタートしました

ということで、スイスからこんにちは!ぶんたんです。
以前ちらっとお話しした留学がスタートしました。9月頭まで滞在予定です。

f:id:rice_life_nice:20170806172325j:plain

こちらはOuchy-Olympique駅。駅も建物も綺麗でどこを歩いても観光気分になってしまいます。

 

語学留学ではなく研究室のつながりがある先生のところにお邪魔して一ヶ月研究をするような感じですが、せっかくなので英語のスキルを上げたいです。
あと、先生は英語で話してくれますが、町の人は基本的にフランス語なのかな?という感じなので、カタコト日常会話くらいはフランス語も聞き取れる&話せるようになれたらいいな!

ただ英語も今、文法無視の単語の羅列状態で先生に話してしまっているのでまずは英語に気合い入れないとという感じです…
研究室の学生さんに自己紹介するときに
「I'm a student of university ...」
とほぼ言い切ってから
「in Japan」
と付け足してしまいました。
いやここ大学の研究室だし見るからに学生ってことだけはわかるけどもって感じだったでしょうね…

 

ほぼ初めての海外(小さい頃に家族旅行でグアムに行ったことがありますが、あまり記憶がない上日本語がある程度通じていた気がする)で

しかもいきなり一人で一ヶ月滞在ということでなんだかとても不安&寂しい気持ちになっていたのですが、
先生に非常に親切にしてもらって、不安は解消してとても前向きになってきました。

しかも町の人もみんな親切です。ありがたや…

 

せっかくなのでスイスの町を楽しみつつ、本来の目的である研究もしっかりして、成長して帰国できるようがんばりたいと思います!

そういえば自分は「理系学生ブロガー」というやつだった

お久しぶりです。タスクが積もってきた上研究が難航していて最近凹み気味のぶんたんです。 

うまくいかないから必死でやるけど疲れが溜まって頭が回らなくて進まないからまたそれを取り返そうと必死になるけど…という見事な無限ループにはまっています。

久々に親と話したら「少しリフレッシュしたら」と言われましたが、なかなかうまい息抜きが見つからない…

 

そんな中で屯田兵さんのこの記事を読みました。

www.otondenhei.com

研究の息抜きや、1日の終わりやはじめの時間にパッとブログを書くことはすごく効率的です。

 

理系学生は研究で頭がコリがちですので、趣味を深めたり、気分転換できるのことで研究と趣味の相乗効果を生むのではないでしょうか。 

 

なるほど…!忙しくてブログ書く暇ない、ネタもないしと思っていましたが、忙しいからこそ息抜きや気分転換としてブログを書くという発想はいいですね。

研究をしている理系学生ブロガーは少ないとの言葉が記事中にありましたが、自分はその少数派の一人です。

せっかくなのでその点を生かした記事も書けるといいなぁとか思いました。

そういえば、気合を入れて書こうとしたプレゼンについての記事がずっと下書きのままだったり、書こうと思ってた他大学院受験の話(自分は学部と院で別の大学に通っています)がまだ書けていなかったり…とりあえずこれを完成させるべきか。 

あとは就活の話とか、実は留学することになったのでその話とか、こう考えると色々ネタもありますね。

 

就活も無事に終わって、理系「学生」ブロガーでいられるのはあと半年程度ということが確定したことですし、息抜き程度の軽い気持ちでもう少し更新頻度を上げつつ、中身のある記事も書けたらいいなーと思ったりしました。

マイペースに頑張ります!